読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP資格の勉強をしながら合わせて複数の資格を取る

FP資格の勉強をしながら合わせて複数の資格を取るノウハウを追求

CFP不動産に落ちる宅建有資格者の特徴

CFP不動産に落ちる宅建有資格者の特徴

・税金の知識が乏しい
・計算力がない、電卓が使いこなせない
宅建士に合格した時の法律知識などが失われている

裏を返せば

FP試験などで要求される

(電卓などを使った)計算力や、
所得税などの税務の知識がおかしくても

宅建士の試験に合格する人がいるということです。

宅建の試験はもっぱら法律知識と
それを基にした事例問題ですから、

計算力が要求される問題は
ほとんどありません。
宅建本試験では電卓持ち込み不可

また、住宅ローン控除などの税金の問題も
50問中2問しか出ない上に
毎年同じ税目の問題が出るわけでもありません。
宅建の税法は得点するには労多いわりに報われにくいです

宅建業法で定番の「報酬制限」でも
取りすぎか取りすぎでないか判別する問題ですら
結構大雑把で解答できるものすらあります。

逆にCFPの不動産は取ったけれども
宅建は難しいというケースもあって
FPと宅建ではそれぞれ要求される知識や思考が
異なるものがあるということはいえそうです。