読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP資格の勉強をしながら合わせて複数の資格を取る

FP資格の勉強をしながら合わせて複数の資格を取るノウハウを追求

銀行業務検定

FP試験と試験範囲が被るため、

ダブルライセンスが狙えるものに銀行業務検定があります。

 

証券外務員試験と同じく、

銀行など金融機関勤務の方などが資格取得を奨励されており、

その実績と信用も高い資格です。

 

法務、税務、財務などの主要種目のほか、

年金アドバイザーなども近年注目されています。

 

銀行業務検定は

種目ごとに年1回実施されますが

受験者が多い種目は年2回実施されるものがあり、

毎年3月、6月、10月の日程の午前か午後に実施される種目を

自由に組み合わせて受験することができます。

 

種目は2級、3級、4級があり、

1級はありません。

 

銀行業務検定2級の難易度は高く、

税務2級などは記述や計算もあり、

CFPのタックスや相続よりも難易度が高いと思われます。

 

3級も種目によっては難易度が高いものがあるようですが、

FPと試験範囲が重なる税務3級や相続アドバイザー3級、

年金アドバイザー3級などは2級FPの難易度と遜色ないため、

要領よく勉強すればダブルライセンスも可能です。

 

税務4級、年金アドバイザー4級などは、

3級種目より易しく、問題の難易度もおおむねFP3級と遜色ありません。

 

2016年10月より事業承継アドバイザー3級が新たに実施されるなど

近年は種目数が増え、ラインナップが充実しています。

 

なお、銀行業務検定では成績優秀だと「個人賞」として表彰されるため、

3級種目や4級種目でも個人賞狙いで受験するケースもあります。